雪塩とは 料理に・スイーツに・美容に最適な宮古島の宝

雪塩が皆様に愛される3つのポイント

海水へのこだわり

こだわり1 海水へのこだわり〜なぜ宮古島なのか〜

サンゴが育つ美しい海を持つ宮古島。
この島はサンゴが隆起してできたと言われており、琉球石灰岩と呼ばれる地層が島の下にあるのが特徴です。
硬い岩でありながらも無数の穴があいているスポンジのような構造。
天然の「ろ過装置」である琉球石灰岩を海水が通ることにより、不純物を取り除くと同時にサンゴの持つカルシウムが溶け出した地下海水となります。
雪塩は、宮古島の地下の特徴を活かした海水からでなければ生まれないお塩です。

海水へのこだわり

こだわり2 品質へのこだわり〜当たり前の事ほど難しい〜

「海水の成分」をそのまま残したお塩を作りたい・・! それを目標とした雪塩には、品質のこだわりがあり、
これまでになかった製法でナトリウム、マグネシウムなどの成分の種類を18種も検出することができました。
また、世界食品オリンピックとも称される「モンドセレクション」では、2006年から3年連続で金賞受賞!(2006・07年は金賞、2008年は最高金賞を受賞)
世界からこのような大きな評価をいただけたのは、安全面・衛生面を始めとする品質へのこだわりがあったからです。

モンドセレクションとは モンドセレクション

「世界食品オリンピック」とも称される、1961年ベルギーで始まった世界的権威のある品評会のこと。
審査基準は、衛生、味覚、包装、原材料などの項目で、それぞれを点数化し、合計点に応じて確証が出品者に授与される仕組みです。
3年連続でゴールドメダル以上を受賞すると、高い品質を常に維持してきたとして、トロフィーが授与されます。これを「国際優秀品質賞」といいます。(インターナショナル・ハイクオリティトロフィー)雪塩は「雪塩 120g パッケージ」にて3年連続金賞を受賞。このトロフィーの授与を受けました。

こだわり3 成分へのこだわり〜海そのままをお塩にする努力〜

雪塩は、通常の製塩法では取り除かれる「にがり」の成分まで含まれているのが特徴。
海水中の成分をできるだけ残す事にこだわっています。
ナトリウムをはじめ、マグネシウム、カルシウム、カリウムほか14種類の成分が検出されましたが、さらなる成分検出を目指し、母なる海そのままをお塩にする努力は今現在も続いています。

雪塩の栄養成分一覧  ※ 100g中 2018年8月
成分 含有量 成分 含有量
熱量 0kal マグネシウム 3310
たんぱく質 0g カルシウム 832
脂質 0g カリウム 1000
炭水化物 0g 0.14
食塩相当量 72.6g
※2018年財団法人日本食品分析センター調べNo.18106786001